キャンプ場

キャンプ施設のご案内(キャンプサイトは現在ご利用頂けません)

西山研修所内に設置されたキャンプサイトです。
料金は、本館・新館・別館と均一なので、宿泊場所も選べます。
テント、寝袋、食器から調理用具まで何から何まで無料でご利用頂けますので、初キャンプ、体験キャンプにもご気軽にご利用頂けます。つどいのひろばではBBQかまどをご利用頂けます。お申込み頂ければ、テーブルセット、鍋・食器から調理道具までの全ての器材を無料でのご利用も頂けます。
食材のご予約注文を頂ければ、無料の薪サービスもあります。(食材お持込の場合、薪は有料)

◆ キャンプサイト

貸し出し用具

  • テント本体

  • 寝袋

  • ランタン

テント設営までの流れ

STEP1

STEP2

本体にポールをセットする

① 本体を広げ、メインポール3本を各スリープ(メインポールを入れる穴)に通す。

② ポールの片方の端をコーナーのエンドピンにセットする。

※ 指を挟まないように注意する。

本体を立ち上げる

① 出入りのファスナーを開けておく

② 3本のメインポールを持ち上げ、スリープを引っ張りながらポールを押し込む。
③ ポールの先のベント(換気口)がスリープから出てから手前のポールの端をエンドピンにセットする。
④ 本体についているフックを各ポールに掛けて固定する。

※ スリープをしっかり引っ張らないと、ポールが折れることがある。

※ ポールの跳ね返りに注意する

STEP3

設営位置を決め、テントを固定する。

四隅のループを順に(①~④)対角線にペグを打ち、本体を固定する。

※ ペグは60°~90°の角度に打ち込むと風に対して強く設置できる。

STEP4

フライシートにフライポールをセットする

フライポールをフライの内側の2箇所のポケットにセットし、ストラップを結んで固定する。

STEP5

フライシートを本体にセットする。

① 入口の位置を確認し、フライシートを本体にかぶせ四隅のフックを本体のループについているDリングに引っ掛けて固定する。

② フライの内側についているマジックテープを本体のメインポールに固定する。
③ フライシートの裾A、Bの部分をルーペをペグ打ちする。(各2箇所)

※ Aの部分はできるだけ本体と離してペグ打ちをする。

※ 使わなかったものは、袋の中に入れて、1つにまとめて、テントの中に入れておくこと。

常陸太田市西山研修所

〒313-0041 茨城県常陸太田市稲木町1699-8 

TEL : 0294-72-0359

FAX : 0294-72-0349 

E-mail : info☆ho-nishiken.jp ←☆を@に替えてお送り下さい

 

指定管理者:特定非営利活動法人日本スポーツ振興協会

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

Copyright © 2014-2020 常陸太田市西山研修所 All Rights Reserved.